旅の話 マレーシア 2013 その1

今日も東京は寒いですね。今週は寒いせいか店も暇なので先月の旅行話でもアップします。

エアアジアの羽田ークアラルンプールが荷物込み往復4万、という値段だけで決めた今回の旅行、あんまり期待せずに行ったのですが相当良かったです。
まず、ご飯が美味しい。基本スパイシーなんだけど味付けがタイほどパクチー多くなくて、中国ほど八角多くなくて、インドほどスパイス一辺倒でなくダシも効かせる。マレーシアはマレー人、中国人、インド人、タイ人、アラブ人といろんな人が住んでるせいか適度に融合した味付けでかなり僕好み、ツボでした。また人種が多い分料理の種類も豊富。学生時代旅した中東で食べてた懐かしいデザートなんかもあって幸せでした。

それにしても屋台がめっちゃ良かったです。凄まじい活気、手頃なお値段、本格的な味、途方も無いメニュー数。ちなみにイメージ的に博多の屋台とかとは全く別物です。街角の路上だと何軒か集まってテーブルは各店共通。大きい屋台街だと敷地の外周に20軒以上屋台があってテーブル(僕が行ったとこは多分500席以上あった)を取り囲み、各屋台で自分の席番号とオーダー伝える感じ。地元密着です。
あー、来週くらいにもう一回行きたい。本気で。日本にもこんな感じの屋台街があればいいのに。

気分が乗ったらマレーシア話またアップしたいと思います。でもまだ一昨年のインド話とか去年のUAE話とかも書いてないな。。。まあいいや。