店主 ウマヤハラ のアマチュアカレー歴

店主 ウマヤハラ のアマチュアカレー歴

 1997年 ・北大恵迪寮入寮。上の年目に連れて行ってもらった様々なカレー店でスパイスカレーに目覚める。

 1999年 ・北大カレー部 3代目部長就任。半年間週7のハードな部活動を決行。半年カレーを食いつづけ、毎日持ち回りでのスパイスカレー製作、プロの店食べ歩き、対外試合、部内対抗戦、ランニング(これは一回だけ)等やりすぎて体がボロボロに。一年下の部員Mも同じくやりすぎで何と一ヶ月入院生活を余儀なくされる。
         昔のカレー部ホームページ
 ↑ 一個上の先輩が作ってたページ。部員達の頭の悪さがひしひしと伝わってきます。

IMGP0066.JPG img002_1.jpg img013_1.jpg

 2000年 ・3ヶ月トルコ・シリア・イスラエル・エジプトあたりの中東へ貧乏旅行。スパイス料理の広がり・奥深さを知る。
        ・北海道カレー会議 発起人総会宣言でメディアデビュー
        ・テレビ出演 北海道ローカルにて数回。このころそのうちの一つのロケで今は亡き横浜カレーミュージアムの開店に立ち会う。朝6時から並んで3番目に入店。先着記念として黄金(メッキ)のカレースプーンもらったり、その日だけで5回カレー完食したり。若かった。。。
          curry_yokohama.JPG  P1010545.JPG 

 2003年 ・一旦就職。カレーとはまったく関係ない空調関係の現場監督業。現場で揉まれながら仕事の合間に関西、東京のカレー屋を食べ歩く。このときの経験を生かしてcurry草枕の工事(電気・水道・内外装)を自分でほぼ全て行った。

 2005年 ・大阪の「キッチンはるにれ」(スープカレー店)の開店直後から技術面のヘルプ等を行う。店は大流行。このときプロ転向を決意。半年間仕事をこなしながら一人カレー部を実行。カレー試作・試食の毎日を送ったため部屋のカレー臭が抜けなくなる。スキーウェアまでカレー臭満載で少し萎える。

 2006年 ・退職。今度は半年間かけて南~東アフリカ・インド・ネパールへ貧乏旅行。各地の料理を食べ歩いたり、田舎で野生の象に威嚇されたり、安宿にて現地で売ってるスパイスを使って即興でカレーを振舞ったりと経験をつむ。

 2007年 ・スパイスカレーに目覚めて10年。とうとうプロ転向。9月4日curry草枕開店

 →お店来歴、会社概要へ続く