新聞にちょびっと載りました

何故か先月、新聞から取材されたりコメントを求められたりしました。これまで新聞から取材受けたことなかったのでこんな場末のカレー屋のオヤジに何の用だ、と最初はなんかの詐欺かと思いながら対応してしまいました。すいません
今朝↓のひと月前の東京新聞が送られてきてああ、ほんとに記事になったんだなあと今更ながらわかりました。ほんとごめんなさい。。

・東京新聞 10月24日 カレー 新甘口人気↑
最近激辛ブームが収まって次の流れがきてるのでは、という取材の一環でコメントを求められたので、ああそうっすねーと適当な返しで応対してしまいました。ごめんなさい(-_-;)
まあ確かに最近の東京のカレーの流れは激辛というより各国のいままで紹介されてなかった種類のカレーや、スパイス効かせてオリジナルでいろんな風味をつけるカレーがたくさん出てきてて昔よりも辛さにこだわる人減ってる気がしますねえ、、という話をしました。

・北海道新聞 スープカレー物語 
こちらは何ヶ月かにわたってやってるスープカレーの連載の一つに取り上げてもらいました。北大生がスープカレーブームに果たした役割、みたいな感じです。まあ学生ってカレー好きだし新しもの好きだし料理自体がうまけりゃ口コミの力すごいからね、特に僕がいた恵迪寮は人が多かったし密度も濃かったから口コミ力も半端無く、流れを盛り上げるのに一役買ったのでは、という話をしました。カレー部の話にもなってその後実際にカレー屋やってる変な奴もいますよ枠で僕自身も紹介してもらいました。ごっつぁんです
記者の人から連載のPDFも頂いたのですが記事が非常に興味深いものばかりでした。なかでも札幌や旭川・釧路の小学校では給食にスープカレー出てきたり、スーパーでのスパイスの販売量が札幌は全国でも首都圏についで2位、販売種類も平均より2割多いなどなど。札幌でカレー文化に出会った者として嬉しい話です。