スキー業界にも原発事故の影響

昨日に引き続き今日も寒いですね。新宿でも朝方ちらほらと小雪が舞っていました。昨日のお店はかなりひまで久しぶりに天気に完敗しました。まあしょうがないですね。
今日もこんな天気ですがお店はいつもどおりやってます。ぜひどうぞ。

– –

で、今週はおとといまでお店を相方に任せて僕は以前からご縁のある長野のスキースクールの応援に行って来ました。高校とかの修学旅行でインストラクターがたくさん必要だったので呼ばれた感じですね。
1月の普通の平日に連続で3~10日くらい入れる人なんて自営業かフリーターもしくはシフト制の仕事してる人以外いないので自然と変な人や面白い人が集まってきて楽しいのですが、今回も年齢層は上は年金もらってる人から下は学生さんまで、普段の仕事内容も大きな会社経営でかなりお金持ちそうな人からフリーターの人までと一段と幅広く濃い人達が集まっていました。毎晩お酒片手に世間話やバカ話、自分の業界の話等普段のカレー屋の生活では直接触れられないようないろんな話が聞けて面白かったです。

そのなかでも今回びっくりしたのが表題の件。福島のあたりのスキースクールの方々が団体で長野まで応援にきていました。
裏磐梯の方は固定客がついてるとかでそれほど減ってないそうですが、猪苗代やあだたらの方では原発の事故の影響で修学旅行みたいな団体客が8割方キャンセル、ほとんどスキースクールの仕事がなくなってしまい飯が食えないとのこと。みんなで車に生活道具一式積み込んで各地を回っているそうです。。。ひどい話だ。。
なんだかこういう話を聞くと非常にやるせなく思います。いろいろと考えさせられることの多い一週間でした。